資格職の柔道整復師

柔道整復師のことを聞いたことがありますか

皆さんは柔道整復師という職業を知っていますか。ほねつぎや接骨師なら聞いたことがあるでしょうか。柔道整復師とは、仕事として柔道整復を行うことのできる国家資格を持った人のことをいうだのだそうです。柔道整復とはこれまた聞きなれない言葉ですが、医業類似行為の一つで、柔道整復師は骨折・脱臼打撲・捻挫の治療を行うことができるのだそう。詳しく知らなかった方も多いことでしょう。柔道整復師は人の持つ自然の治癒力を生かして、手技により回復を図るのだそうです。ですから、薬や手術などは使用しないのだそう。手技療法の他に運動療法や物理療法、温熱療法などがあるそうです。柔道整復師は国家資格の中でも独立開業権が認められているので、とても注目されている資格です。

これからその仕事を目指すには

自分も柔道整復師の資格を取り、独立して治療院を開業したいと思われているかたもいらっしゃることでしょう。柔道整復師になるには、高校を卒業した後、柔道整復師養成学校で、3年以上学んで卒業し、国家試験の受験資格を取得、その後国家試験に合格することが必要とされます。その後は接骨院、整骨院を開業したり、他の接骨院などに勤務したり、整形外科などに勤務したり、機能訓練指導員として介護施設などに勤務したり、またスポーツトレーナーとして活動したりなど、いろいろな進路先があるようです。たいへん魅力的な仕事だといえるのではないでしょうか。もしあなたが柔道整復師の養成学校に入学することを検討したいのであれば、インターネットで検索し、自分の条件によく合う学校を探してみてはいかがでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Designed by CSS.Design Sample